黄色ニキビのケア方法

一口にニキビと言っても、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビというように色々なニキビがあり、ニキビの種類によってそのケアの方法も当然変わってきます。
今回は、黄色ニキビのケア方法についてお話したいと思います。
ニキビとは角栓と呼ばれる、皮脂に汗やホコリなどが混じって固まった「角栓」と呼ばれるものが毛穴につまり、その詰まった毛穴の中でニキビの原因禁となるアクネ菌が繁殖することによっておこる炎症反応のことを指します。


黄色ニキビの黄色は炎症がすすみ、膿が溜まってしまった状態の事を指していますので、つまりニキビがもっとも悪化した状態が黄色ニキビと言えます。軽い炎症のニキビでしたら皮膚の表皮部分にしか炎症が起こらず、また表皮というのは傷ついても修復できるので、この段階のニキビがニキビ跡として長い期間残ってしまうことは稀です。しかし膿が溜まっているのが見て分かる程ニキビが悪化すると、その炎症は表皮よりさらに深い部分の真皮という部分にまで広がります。
真皮は表皮のような修復力はないので、ここが傷ついてしまうと元通りにもどらなくなってしまう場合があります。
所謂クレーターや色素沈着ですね。
ですので、これ以上悪化させないようにするためにきちんとケアをしなければなりませんが、悪化するところまでしてしまったのが黄色ニキビですので、とにかく「触らないこと」これにつきます。炎症反応というものは触ることによって悪化する傾向があるので、つい触ってしまいたくなりますが我慢しましょう。溜まった膿を絞り出すなんて御法度です。

おでこニキビ