ワキの黒ずみを消せるアイテム

半袖やノースリーブなど、ワキのあいた服を着る季節になると気になるのがワキの黒ずみです。
ワキの黒ずみの正体はメラニン色素と呼ばれる黒い色素です。
このメラニンは紫外線の影響によっても増殖しますが、それ以外にも衣服のこすれによる摩擦、お風呂でタオルでゴシゴシとこすり過ぎることなどによる刺激によっても生成されやすくなります。
そのため黒ずみを消すために効果的なアイテムとしては、メラニンの生成を抑え、また排出を促す作用のある美白成分を配合した化粧水や美容液などが挙げられます。
顔のスキンケアと同じように、ワキも化粧品できっちりとケアをしてやれば黒ずみの症状を回避することが可能です。
美白成分にはメラニンの生成を抑えるものと、できてしまったメラニンを排出するものの二種類があります。
この両方の作用を持ち合わせる美白成分がビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は黒ずみの予防、改善どちらにも有効ですので、化粧水などをコットンに染み込ませ、顔をパッティングするのと同じように習慣的にケアすると効果的です。
また、お風呂で体を洗う際の摩擦を軽減させるために、ボディーソープや石鹸をしっかりと泡立ててから手で優しく洗うように心がけることも黒ずみ対策には肝心ですので、泡立てネットなどを使用してしっかりと泡立てるとよいでしょう。

毛穴黒ずみ

 

黄色ニキビのケア方法

一口にニキビと言っても、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビというように色々なニキビがあり、ニキビの種類によってそのケアの方法も当然変わってきます。
今回は、黄色ニキビのケア方法についてお話したいと思います。
ニキビとは角栓と呼ばれる、皮脂に汗やホコリなどが混じって固まった「角栓」と呼ばれるものが毛穴につまり、その詰まった毛穴の中でニキビの原因禁となるアクネ菌が繁殖することによっておこる炎症反応のことを指します。
黄色ニキビの黄色は炎症がすすみ、膿が溜まってしまった状態の事を指していますので、つまりニキビがもっとも悪化した状態が黄色ニキビと言えます。軽い炎症のニキビでしたら皮膚の表皮部分にしか炎症が起こらず、また表皮というのは傷ついても修復できるので、この段階のニキビがニキビ跡として長い期間残ってしまうことは稀です。しかし膿が溜まっているのが見て分かる程ニキビが悪化すると、その炎症は表皮よりさらに深い部分の真皮という部分にまで広がります。
真皮は表皮のような修復力はないので、ここが傷ついてしまうと元通りにもどらなくなってしまう場合があります。
所謂クレーターや色素沈着ですね。
ですので、これ以上悪化させないようにするためにきちんとケアをしなければなりませんが、悪化するところまでしてしまったのが黄色ニキビですので、とにかく「触らないこと」これにつきます。炎症反応というものは触ることによって悪化する傾向があるので、つい触ってしまいたくなりますが我慢しましょう。溜まった膿を絞り出すなんて御法度です。

おでこニキビ