赤ニキビのケア方法

ニキビができてしまった部分にアクネ菌やその他の雑菌などが繁殖してしまうと、皮膚の細胞が細菌の繁殖を食い止めようと戦い始めます。それによって皮膚に炎症が起きてしまうのが赤ニキビと呼ばれる症状で、赤く腫れて痛みを伴うことがあります。

赤ニキビはかなり腫れてくることがあり、常に空気にさらされてしまうので清潔に保つことが難しくなってしまい、自然に回復するのは難しいものです。赤ニキビができてしまったら、炎症を抑える成分を配合して化粧水などを使って早めにケアをすることが大切です。皮膚組織が炎症を起こしている状態なので、決して潰したりしてはいけません。潰してしまうと損傷がきちんと修復されないでニキビ跡になってしまうことがあります。

まずは抗炎症作用のある治療薬を使って患部の炎症を抑えるようにしましょう。洗顔の際は刺激の少ない洗顔料を使うようにしましょう。洗顔後にはなるべく濃度が高いビタミンC美容液を使うようにして、肌を清潔にした後に治療薬をつけるようにしましょう。

ビタミンCは内服するものもありますが、別の部位に消化されてしまうこともあるので、化粧水や美容液などに配合されているものを選んで直接肌につけてケアするようにするほうが効果的です。

大人ニキビ