妊娠線を作らないためのスキンケア法

妊娠線予防のためのスキンケアとしては、保湿が一番重要です。保湿は、クリームやオイルを使います。クリームだけでは、保湿効果は期待できても水分補給はできていないため、フェイスケアと同じように化粧水を塗ってからクリームを塗ると水分補給と保湿を同時に行うことができます。妊娠線予防専用のクリームもありますが、保湿ができればよいため、ワセリンなどでも効果が期待できます。


また、急激な体重増加によっても妊娠線は出来やすくなります。妊娠中は母子の健康のためにも10キロ以上の体重増加は避けたほうが良いとされています。医師の体重指導に従い、ウォーキングなど適度な運動で適正体重を維持できるようにします。
皮膚の潤いのためには、ビタミンCやコラーゲンが必要になりますが、妊娠中はホルモンの影響や胎児がビタミンCとコラーゲンを大量消費するため、不足しがちになり、結果的に皮膚に潤いが足りなくなることがあります。そのため、食生活で、ビタミンCやコラーゲンが含まれている食品を摂取することです。
妊娠線は、一度出来たら消すのは難しいとも言われているため、早い時期から行うことです。予防のためには、お腹が急に大きくなる7ヶ月ぐらいから行います。早い人では、お腹の目立ち始める5ヶ月頃から始める人もいます。

妊娠線クリーム