そばかすとシミの違いとは?

そばかすとシミは見た目がほとんど同じものなので、同じものだと思っている方も多いと思いますがこれらは別のものです。そばかすは5~6歳から思春期の間に発生することが多く、頬や鼻の周りにできやすいです。大きさはシミよりも細かく1つの大きさは米粒ほどです。紫外線を浴びることで濃くなり、加齢とともに薄くなるケースもあります。

遺伝的な要素が強く、子供の頃からあるのでセルフケアで薄くすることが難しいです。ですがそばかすを濃くしないためのケアはできますので日頃の対策が大切です。

シミは30代を過ぎた女性にあらわれます。にきび跡や炎症によってできたり、紫外線によるダメージの蓄積などによってできます。両者の違いは遺伝性のものか後天性のものかというところにありますが、どちらもメラニンが引き金になっています。ですからどちらの場合も対策方法はおなじになります。まずは必要以上に紫外線を浴びないことが大切です。

そばかすは紫外線を浴びることで濃くなりますし、メラニンも紫外線の影響によるものですので、紫外線対策が一番重要になります。またビタミンCやビタミンEにはメラニンの定着を防ぐ効果が会ったり、肌のターンオーバーを促進する効果がありますので、積極的に摂取するようにしたいです。

そばかす 消す