背中ニキビの正しいケア法

背中ニキビは皮脂の分泌が盛んなため、ニキビが出来やすい場所です。体質や汗、汚れなどの不衛生な環境放置、睡眠不足や食生活などの生活リズムの乱れ、ストレス、紫外線などにより発生します。また、入浴時のシャンプーやリンスなどの洗い残しが背中の皮脂腺の多い毛穴に入り込み汚れとなって蓄積されることでもニキビができます。
背中ニキビの正しいケア方法としては、背中を清潔に保つことです。まめに汗や汚れを落とすようにし、下着も綿などの通気性の良い素材のタイプを選ぶことです。

背中にニキビができている場合には、低刺激性かつ弱アルカリ性の石鹸をたっぷり泡立ててからやさしく洗うようにします。洗う順番も髪を洗ってから体、顔の順で洗うことで、背中に石鹸が残らないようにすることができます。乾燥も背中ニキビの原因となるため、殺菌効果のある背中ニキビ専用のローションなどをつかいしっかりと保湿を行うことです。
生活改善も必要です。睡眠不足やストレスは、皮脂分泌のホルモンバランスを崩します。特に、睡眠不足によるホルモンバランスの崩れは、皮脂分泌を促し、過剰分泌を引き起こすため、ニキビが増殖しやすくなる原因でもあります。また、食生活でも、ニキビ対策としてビタミンを積極的に取り入れることです。

背中ニキビ 原因