ひざの黒ずみ対策に役立つ成分ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンという成分は、聞いたことがある人にはすごく馴染みのある成分ですが、全く聞いたことも無いという女性も多いと思います。ハイドロキノンは、シミに有効な成分で強力な美白効果があるので、「究極の美白成分」とさえ呼ばれています。濃度が高いハイドロキノンは、顔や身体全体に使うというよりは、ピンポイントでシミに直接塗ってシミを薄くしたり消すような効果が期待できます。

続きを読む

ワキの黒ずみを消せるアイテム

半袖やノースリーブなど、ワキのあいた服を着る季節になると気になるのがワキの黒ずみです。
ワキの黒ずみの正体はメラニン色素と呼ばれる黒い色素です。
このメラニンは紫外線の影響によっても増殖しますが、それ以外にも衣服のこすれによる摩擦、お風呂でタオルでゴシゴシとこすり過ぎることなどによる刺激によっても生成されやすくなります。

続きを読む

黄色ニキビのケア方法

一口にニキビと言っても、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビというように色々なニキビがあり、ニキビの種類によってそのケアの方法も当然変わってきます。
今回は、黄色ニキビのケア方法についてお話したいと思います。
ニキビとは角栓と呼ばれる、皮脂に汗やホコリなどが混じって固まった「角栓」と呼ばれるものが毛穴につまり、その詰まった毛穴の中でニキビの原因禁となるアクネ菌が繁殖することによっておこる炎症反応のことを指します。

続きを読む

シミに効果のある美白化粧品

シミを予防するには紫外線対策が一番有効な方法です。

年齢を重ねるにつれてシミはどんどん増えていきます。普段からシミ対策をしても増え続けるシミですが、化粧品の選び方でシミを薄くしたりなくしてしまう事も可能です。シミ予防は毎日1年間通して美白化粧品でケアする事で予防になり、また、できてしまったシミに効果を発揮します。

今日は紫外線きつかったから美白クリームを塗るといったケア方法は効果ありません。毎日続ける事でメラニン色素が作られるのを抑えてシミを予防するのです。 続きを読む

ニキビ肌を短期間で治す方法について

頬や額など、お顔に出来てしまうニキビは、気持ちまで暗くなってしまう厄介な存在です。暗い気分でいるのも、ニキビ肌でいるのも嫌なのは、誰でも同じです。

ですので、短期間に集中して治せるようにします。
まずは、生活改善からです。ニキビ肌の方には、生活習慣の乱れからホルモンバランスを崩していたり、油っぽい食生活を送っている方が多くみられます。

続きを読む

赤ニキビのケア方法

ニキビができてしまった部分にアクネ菌やその他の雑菌などが繁殖してしまうと、皮膚の細胞が細菌の繁殖を食い止めようと戦い始めます。それによって皮膚に炎症が起きてしまうのが赤ニキビと呼ばれる症状で、赤く腫れて痛みを伴うことがあります。

続きを読む

ニキビは遺伝するの?

ニキビが遺伝するのかと言うのは、現在のところ科学的に証明はされていません。ニキビができやすい人に共通する、皮脂腺が大きい、皮脂分泌が多い、角質肥厚、毛穴のつまりが起こりやすい、炎症を起こしやすい肌質などといったことについては遺伝の影響を受けている可能性も高いと言うことはできます。しかし、それは原因の1つでしかありません。 続きを読む

大人ニキビ対策に役立つ市販の商品

ここでは、大人ニキビができてしまう原因と大人ニキビ対策に役立つ市販の商品についてお話ししたいと思います。
まず、大人ニキビとはそもそもどのようなことが原因でできてしまうのかという事からお話ししていきましょう。
大人にきびができる原因として、一般的にも考えられているのは生活習慣の乱れや日常生活でのストレス、偏った食生活や、夜更し等による睡眠不足、過度な喫煙や飲酒、シャンプーのすすぎ残しや紫外線も関係しているものだと考えられています。

続きを読む

妊娠線を作らないためのスキンケア法

妊娠線予防のためのスキンケアとしては、保湿が一番重要です。保湿は、クリームやオイルを使います。クリームだけでは、保湿効果は期待できても水分補給はできていないため、フェイスケアと同じように化粧水を塗ってからクリームを塗ると水分補給と保湿を同時に行うことができます。妊娠線予防専用のクリームもありますが、保湿ができればよいため、ワセリンなどでも効果が期待できます。

続きを読む

そばかすとシミの違いとは?

そばかすとシミは見た目がほとんど同じものなので、同じものだと思っている方も多いと思いますがこれらは別のものです。そばかすは5~6歳から思春期の間に発生することが多く、頬や鼻の周りにできやすいです。大きさはシミよりも細かく1つの大きさは米粒ほどです。紫外線を浴びることで濃くなり、加齢とともに薄くなるケースもあります。

続きを読む