おでこニキビはなぜできる?

ニキビはどこにできても嫌なものですが、おでこニキビはどんな年齢層でも性別を問わずにできるものです。
赤く炎症を起こしたり、膿をもったものに悪化することが多く、不愉快に感じている方がたくさんいます。
このおでこニキビがなぜできるのかというと、やはり最も大きな原因は皮脂の分泌量が多いためです。
思春期ごろは所謂Tゾーン中心に皮脂分泌が増え、何度洗ってもすぐギトギトするものです。


この皮脂を餌とする雑菌が繁殖するので、おでこにニキビがたくさんできてしまうのです。
思春期でない場合も、やはり皮脂分泌が増えるためにおでこニキビが発生します。
これは肌の保水力が衰えたために、水分量を補おうとして皮脂の分泌量が増えると考えられます。
それから、おでこは前髪で覆われていることが多く、毛先がニキビをつついて炎症を悪化させたり、髪の毛についた汚れや整髪料などが余計に雑菌の餌となる、ということも原因の一つとなっています。
ギトギトするし、ニキビの原因になるからといって皮脂を取り過ぎると、余計に皮脂の分泌量が増える結果になるので、常に清潔な状態に保っておくのは大事ですが、頻繁にペーパーなどで取るのはお勧めしません。
対策としては、洗顔は頻回でなく一回一回を丁寧にすること、肌の水分量を増やすために保湿をしっかりすることが重要です。

肌荒れ サプリ