にきびの痕を残さない方法

ニキビ痕には種類があります。種類によってスキンケア方法も変わってきます。ニキビ痕が残らないようにするには、毎日のスキンケアがポイントになります。ニキビができてもすぐに治すという思いが重要になります。ニキビは毛穴の汚れです。

皮脂や汚れが毛穴に詰まる事で炎症する事が原因です。当然ですが食生活もニキビに関わりがあります。

油脂分の食事は皮脂の分泌を増やします。控える方がいいでしょう。肌バリアも関係しています。

ターンオーバーに良いとされているビタミンC誘導体、ビタミンA、プラセンタ、酵母エキス、アミノ酸、ビタミンB2、ビタミンE、これらの成分はニキビ跡の皮膚の修復効果や皮膚機能の正常化、血液循環をよくしターンオーバーの活性化などの効果があります。ニキビ専用の洗顔料や化粧水、乳液、保湿剤には殺菌作用のある成分やターンオーバーを正常化する成分が配合されています。

刺激のある成分などは配合されていない分、洗顔も集中してケアする事ができ洗い残しを防ぐ事ができます。

ニキビ痕を残さない方法はニキビのために作られたスキンケアで毎日しっかり正しく行う事が大切です。長く付き合うニキビですが、ニキビ痕を残さないように頑張りましょう。

ニキビ 原因